本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページからアジアフォーラムin石川白山プログラム2012

アジアフォーラムin石川白山プログラム2012

お問い合わせ
部署名: 国際交流室電話番号: 076-274-9520FAX番号: 076-274-9546E-mail: toshikouryu@city.hakusan.lg.jp
2012JALスカラシップ 白山プログラム(俳句吟行会を開催)
 JALスカラシッププログラムは、日航グループの社会貢献活動として、毎年アジア・オセアニアの大学生を日本に招待し、研修や文化交流を通じて日本への理解を深め、アジア・オセアニアとの交流を促進することを目的として、1975年に日本航空によって創設され、1990年に(財)日航財団に引き継がれ現在に至っています。
 白山市での同事業の受け入れは、平成14年、日航財団が世界の子供達を対象に「俳句」を通じた国際交流を進めるため外国の子供達を招致して行った「世界俳句キャンプ」を本市で実施したことがきっかけとなり、以来、毎年受け入れを行っています。今年は、市内の神社、杉の木、滝の各名所を訪れ、スカラーの皆さんの思いや感動を俳句で表現しました。


●来市期間 平成24年7月9日(月)〜10日(火)

●参加者  ・スカラー(選抜された大学生)21名
         中国(5)、韓国(3)、台湾(2)、ベトナム(2)、香港(1)、タイ(1)、ラオス(1)、カンボジア(1)、
           マレーシア(1)、フィリピン(1)、シンガポール(1)、日本(2)

          
・(財)日航財団スタッフ6名

●内容    吟行(白山比�盗_社、吉野工芸の里・御仏供杉、手取峡谷・綿が滝)
         俳句作り・発表(吉野谷公民館)
         
          
白山比�盗_社
 
俳句説明     
御仏供杉
 
白山比�盗_社の表参道から本堂へと上って行きました。
 
俳句協会会長さんから俳句作りの説明を受けました。すでに俳句を知っている学生も多くいました。
吉野工芸の里にある御仏供杉の大きさに皆さん驚いていました。自然のパワーを感じます。
 
綿が滝
 
俳句作成
発表1
 
皆さん綿が滝の迫力に驚いていました。滝の前で写真をたくさん撮っていました。
自作の句作りにチャレンジ!皆さん真剣に考えています。出来た句は一人ひとり前に出て発表しました。個性豊かな句がたくさん出来ました。
発表2
 
発表3
 出発の朝
 
みなさん日本語がとても流暢で堂々と発表していました。
吟行で感じたことを俳句にしたため、滝や青葉など自然をうたった句が多かったです。出発の朝。全員で集合写真を撮りました。


 
※スカラーの皆さんが作った俳句は、千代女の里俳句館に展示してありますので、お立ち寄りの際にはぜひご覧ください。












 
   
   
  
   
   
   
   
   
このページは役に立ちましたか。