本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の健康・福祉の中の市民の健康から不妊治療

不妊治療

お問い合わせ
部署名: いきいき健康課電話番号: 076-274-2155FAX番号: 076-274-2158E-mail: ikiikikenkou@city.hakusan.lg.jp

 市では不妊に悩むご夫婦の体外受精や顕微授精といった医療保険が適用されない特定不妊治療や保険適用も含む一般不妊治療の治療費の一部を助成いたします。


■特定不妊治療
 
区  分
 
特 定 不 妊 治 療
 
助成対象者
・市内に住所を有する戸籍上の夫婦(夫婦の両者又は一方)
・県不妊治療助成制度の決定を受けた方(夫婦合算年間所得が730万円未満)
 
(参考):石川県ホームページ(外部リンク)
 
治療の種類
保険適用外の ・体外受精 ・顕微授精
 
実施医療機関
県が指定する産婦人科
 
助成内容
【助成金額】
 治療は1回につき5万円を限度に支給(初回治療の助成のみ10万円まで)

【助成回数】
 出産につき初めて受けた助成の治療開始時の妻の年齢が
 ①40歳未満 6回まで
 ②40歳以上43歳未満 3回まで
 
申請必要書類
特定不妊治療費助成交付申請書 pdf(PDF249KB)
・県発行の決定通知書の原本とコピー
・不妊治療費の病院の領収書、明細書の原本とコピー
 
申請時期
県決定通知書の月より1年以内
 
受付・問い合わせ先
いきいき健康課・鶴来保健センター


■一般不妊治療
 
区  分
 
一 般 不 妊 治 療
 
助成対象者
・県内に1年以上住所を有し、申請日に夫婦の両者又は一方が市内に居住する戸籍上の夫婦
・医療保険に加入している
・夫婦合算の年間所得が730万円未満(下記の所得計算方法を参考にしてください) 
 
治療の種類
・タイミング療法 ・薬物治療 ・手術療法 ・人工授精など
 
実施医療機関
産婦人科や泌尿器科を有する医療機関
 
助成金額
5万円/年限度。但し、自己負担額の1/2以内
 
助成期間
2年間(やむを得ない事情の場合中断した期間を除く)
 
申請必要書類
・一般不妊治療費助成交付申請書pdf(PDF 310KB)
・一般不妊治療医療機関受診等
証明書pdf(PDF 313KB)
*場合によって、戸籍謄本、所得証明が必要となることもあります。
 
申請時期
治療を受けた日の属する月の翌月から1年を経過する日まで
 
受付・問い合わせ先
いきいき健康課・鶴来保健センター


■夫婦の所得計算方法
   ご夫婦の前年の所得額の合計額が夫婦合算730万円未満の場合が助成対象となりますので、この表を利用して
   所得を計算してみてください。(市の市民税課の所得証明で確認できます。)

 
 
 
(A) 合計所得金額    
 
            円 
 <控除額>
  1、一律控除額 8万円
 
         80,000円                
 
  80,000円    
  2、雑損控除            円                              
  3、医療費控除             円                
  4、小規模企業共済等掛金控除             円                                        
  5、障害者控除(1人につき27万円、特別障害者40万円)
 
  6、勤労学生控除(27万円)
(B) 控除額 1〜6 合計
 
             円
 
        円      
(C) 所得額 (A)−(B)
 
 
夫婦合計所得額  【(C)の夫+妻の合計】
 

■問い合わせ先
    ・白山市役所いきいき健康課    電話  076−274−2155

このページは役に立ちましたか。