本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の健康・福祉の中の市民の健康からヒアリに刺されたら

ヒアリに刺されたら

お問い合わせ
部署名: いきいき健康課電話番号: 076-274-2155FAX番号: 076-274-2158E-mail: ikiikikenkou@city.hakusan.lg.jp

平成29年5月以降特定外来生物「ヒアリ」が国内各地で確認されていいます。
このアリは強い毒性をもっており人体への影響があります。
 
 刺されたときの症状
【軽度】
刺された瞬間は熱いと感じるような、激しい痛みを感じます。やがて、刺されたあとがかゆくなります。その後、膿が出ます。
【中度】
刺された部分を中心に腫れが広がり、部分的又は全身にかゆみをともなう発疹(じんましん)が現れることがあります。
重度】
息苦しさ、声がれ、激しい動悸やめまいなどを起こすことがあり、進行すると意識を失うこともあります。これらの症状が出た場合には重度のアレルギー反応である「アナフィラキシー」の可能性が高く、処置が遅れると生命の危険も伴います。
 
 刺されたときの対処法
対処方法:ヒアリの毒の人への反応は人によって大きく異なりますので、急いで医療機関で処置をお願いいたします。
【刺された直後】
20~30分程度は安静にし、体調の変化がないか注意してください。

【容体が急変した場合】
体質によっては、重度の症状となる場合があります。容体が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関で受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。
 
 「ストップ・ザ・ヒアリ」 (発行:環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室)もご覧ください。

このページは役に立ちましたか。