本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の健康・福祉の中の予防接種から定期予防接種一覧

定期予防接種一覧

お問い合わせ
部署名: 健康増進課電話番号: 076-274-2155FAX番号: 076-274-2158E-mail: kenkouzoushin@city.hakusan.lg.jp
ページの先頭へ
白山市では、予防接種法に基づき、次のとおり定期の予防接種を実施しています。
対象年齢の方には個別に通知します。体調の良いときに接種することをお勧めします。


 乳幼児個別接種

 児童生徒予防接種

 高齢者個別接種

◆◆ B型肝炎ワクチン予防接種の実施について ◆◆


平成28年10月1日よりB型肝炎ワクチン予防接種が定期接種となり、公費(無料)で受けられます。

【対象年齢】 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児のお子さん
【接種期間】 生後2か月~1歳の前日まで
【接種場所】 市指定医療機関
【接種回数】 3回

※標準的な接種方法
 1回目は生後2か月からで、2回目は4週以上あけて接種する。更に1回目から20週以上                
 あけて3回目を接種する。
■B型肝炎ワクチン接種券・予診票の送付について
  平成28年4月生まれ~7月生まれのお子さん=平成28年9月末に接種券を送付します
  平成28年8月生まれ以降のお子さん=生後2か月になる月に他の予防接種券と合わせ 
                          て送付します

◆◆ 子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を
                  平成25年3月31日までに受けた方へのお知らせ ◆◆


平成25年3月31日までに、市の助成により子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのいずれかを接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると医療費・医療手当が支給される場合があります。お心当たりのある方は具体的な請求方法等について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の救済制度相談窓口(フリーダイヤル0120-149-931。ご利用になれない場合は03-3506-9411(有料))に至急お問い合わせください。


◆◆ 子宮頸がん予防ワクチンの接種について積極的な勧奨を差し控えます ◆◆

 
  
平成25年4月1日から予防接種法の改正により、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピロ
 ーマウイルス感染症ワクチン)が定期の予防接種の対象となりました。

  しかし、平成25年6月14日に開催された平成25年度第2回厚生科学審議会予防接
 種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品
 等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において、ワクチンとの因果関係を否定で 
 きない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチンを接種後に特異的に見られたことから、
 副反応の発生頻度等より明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期 
 接種を積極的に勧奨すべきではないとされたところです。

  現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種にあた
 っては有効性とリスクを理解した上で受けてください。


  
子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ
  (厚生労働省作成リーフレット)

  
厚生労働省のホームページ

 ◆◆ 長期にわたる疾病等のため、定期の予防接種を
                   受けることができなかったお子さんの予防接種
 ◆◆

 平成25年1月30日付 予防接種法施行令の改正により、次の要件に該当する場合は、接種対象年齢を
過ぎても、定期の予防接種として接種できるようになりました。ただし、一部年齢制限があります。

1 接種対象年齢であった間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかるなど特別な事情(※下記参照)
  があったことにより、やむを得ず定期の予防接種が受けられなかった場合

2 予防接種が受けられなかった要因がなくなった日から起算して2年以内(成人用肺炎球菌は1年以内)に接種
  する場合                      
  ただしBCGは4歳未満、ヒブは10歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満、4種混合は15歳未満であること

   
※長期にわたり療養を必要とする疾病にかかるなど特別な事情とは

 ● 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病に
    かかったこと
 ● 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸
    炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病にかかったこと
 ● 上記の疾病に準ずると認められる疾病にかかったこと
 ● 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと
 ● 上記に該当する疾病の例は
こちらです

 ★接種を希望される方は、健康センター松任または鶴来保健センターまでお問い合わせください。

 


 ◆◆ 日本脳炎予防接種のお知らせ  ◆◆

 平成23年5月20日の法改正により特例措置が拡大され,接種機会を逃した次の対象者については、不足分の接種を受けることができるようになりました。(無料)

【特例対象者】 平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれ:20歳未満までの間  
          平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれ:9歳以上13歳未満までの間                 

 
転入等で、白山市の予防接種の接種券・予診票をお持ちでない方は、
健康センター松任または鶴来保健センターへお問い合わせください。

 各種予防接種

 
【 乳幼児個別接種 】
 

指定医療機関で実施します。



種 類
対象年齢
接種回数(標準的接種の場合)
 ヒブワクチン
 生後2か月~5歳の誕生日の
 前日まで
初回
4~8週間の間隔で3回
追加
初回終了後7~13か月あけて1回
 小児用肺炎球菌
 生後2か月~5歳の誕生日の
 前日まで
初回
4週間以上の間隔をあけて3回
(3回目の接種は1歳までに完了)
追加
3回目接種から60日以上の間隔をおいた後であって、1歳を過ぎてから1回
(標準的な接種期間は1歳~1歳3か月まで)
 4種混合
 (ジフテリア・破傷風・
  百日せき ・不活化ポリオ)
 生後3か月~7歳6か月未満
1期
初回
3~8週間の間隔で3回
追加
初回3回終了後、
1年~1年半後に1回
 BCG
  (結核予防接種)
 生後1歳未満
標準接種間隔
生後5か月〜8か月未満で1回
 麻しん風しん混合
 1歳~2歳未満
1期
1回ずつ(計2回)で完了
 小学校就学前の1年間
 (年長児)
2期
 水痘 1~3歳未満初回1回接種
追加初回接種終了後から
6か月~1年後に1回接種
 日本脳炎
 生後6か月~7歳6か月未満 
1期
初回
1~4週間の間隔で2回
1期
追加
初回2回終了後、おおむね1年後に1回
 日本脳炎(特例) 平成7年4月2日生まれ~平成 19年4月1日生まれは20歳未満まで接種可能
 平成19年4月2日生まれ~平成21年10月1日生まれは7歳6か月未満または9歳~13歳未満まで接種可能
1期
特例
1期3回未接種分が対象



★白山市に転入してこられた方へ
 母子健康手帳をお持ちになり、健康センター松任または鶴来保健センターへ
 おこしください。

ページの先頭へ

 
【 児童生徒予防接種 】

指定医療機関で実施します。


種類
対象年齢
接種回数(標準的接種の場合)
 日本脳炎
 9歳~13歳未満
 ※特例対象者(平成7年4月2日~
平成19年4月1日生まれ)は満9歳以上20歳未満まで接種可能
 2期
 1期追加接種から
 おおむね5年後に1回
 ※特例対象者はⅠ期追加の接種          から1週間以上あけて接種
 二種混合
 (ジフテリア・破傷風)
 11歳~13歳未満
 1回で完了
 子宮頸がん
 予防ワクチン
 小学校6年生~高校1年生
 相当の女子
 ※中学1年生の4月に対象者へ送
 付しておりましたが、現在積極的な
 勧奨を差し控えています。 
 【サーバリックスの場合】 計3回
 接種後1か月後に2回目接種

 2回目接種から5か月後に追加接種


 【ガーダシルの場合】 計3回
 接種後2か月後に2回目接種

 2回目接種から4か月後に追加接種


 
ページの先頭へ
 




 
【 高齢者個別接種 】

指定医療機関で実施します。

種別
対 象 者備 考
 インフルエンザ1.接種日現在、65歳以上の方

2.60歳以上、65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の
  機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)又は、
  ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方
個人負担金額
 1,200円
 ※助成回数1人1回
 成人用肺炎球菌
1.今年度以下の年齢になる方
 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳

2.60歳以上、65歳未満の方のうち、心臓、腎臓、呼吸器の
 機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)又は、
 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方
※上記2にあてはまる方は接種券を個別通知しませんので、健康センター松任または鶴来保健センターまでお問い合わせください。
個人負担金額
 2,500円
 ※助成回数1人1回

○対象者の方には10月中旬に個別通知いたします。


ページの先頭へ
 

お問い合わせ先

地域
施設名
住所
電話番号
 松任・美川
健康センター松任
 倉光三丁目100番地
076-274-2155
 鶴来・山ろく
鶴来保健センター
 月橋町697番地1
076-272-3000
  

○問い合わせ・申請受付時間 午前8時30分〜午後5時15分
  (土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。)
○場所がわからない方は、「
白山市保健センター・健康増進センター施設一覧」をご覧ください。

このページは役に立ちましたか。