本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流から持続可能な開発目標(SDGs)の取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)の取り組み

お問い合わせ
部署名: 企画課電話番号: 076-274-9503FAX番号: 076-274-9518E-mail: kikaku@city.hakusan.lg.jp
 
 

 
SDGs未来都市に選定されました 
 
 
 
 平成30年6月15日、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた優れた取組を
提案した自治体として、白山市が「SDGs未来都市」に選定されました。
 白山市では、白山ユネスコパーク及び白山手取川ジオパークの理念と合致するSDGsの理念に基
づき、山間部を拠点とし、産学官民連携のもと、環境に調和した持続可能な経済発展や豊かな生活を
実現し、その成果を市全体に還元するサイクルの確立を目指します。

     白山市 SDGs未来都市計画
           ~白山の恵みを次世代へ贈る「白山市SDGs未来都市ビジョン」~ (PDF2,079KB)

     SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業について (PDF1,488KB)

         「SDGs未来都市」選定証授与式(平成30年6月15日)

 
写真:内閣府提供
     


         SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府リンク)


 
SDGs達成に向けた取り組みについて 
 
 

 SDGsとは
      
 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニア
ム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のため
の2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実
現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを
誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なもの
です。
                                      詳細は、国際連合広報センターのページへ(外部リンク)
                         「持続可能な開発のための2030アジェンダ」


   連携協定について
 
         「持続可能な開発目標(SDGs)における5G・ICTの利活用推進に関する連携協定」
    (平成30年11月5日)



 平成30年11月5日に白山市と金沢工業大学および㈱NTTドコモとの「持続可能な開発目標
(SDGs)における5G・ICTの利活用推進に関する連携協定」が締結されました。
 5GやICTの利活用を推進し、白山市において、更なるSDGsの取り組みの推進に向けて経済、
社会、環境が調和した持続可能な経済発展や豊かな生活の実現を共に目指していきます。
            
       


     「持続可能な開発目標(SDGs)における達成推進に関する連携協定」
    (平成31年3月20日)

 平成31年3月20日に白山市と一般社団法人白山青年会議所との「持続可能な開発目標
(SDGs)における達成推進に関する連携協定」が締結されました。
 SDGsの理念に基づき、白山市において、経済、社会及び環境が調和した、持続可能な社会の
実現を図ることを目的とし、その成果をモデルとし、他地域・自治体への情報展開を目指していき
ます。
 
   
           
       
  
   

   白山市SDGs推進本部
 
 SDGsの達成に向けた取り組みを総合的かつ効果的に推進するため、平成30年3月に、
「白山市SDGs推進本部」を設置しました。
   
      白山市SDGs推進本部設置要綱 (PDF113KB)           
       
                    平成30年市議会3月会議一般質問 参考:報道資料  (PDF511KB) 
                          
                    第1回白山市SDGs推進本部会開催(平成30年3月19日)

        


                    平成30年度 第1回白山市SDGs推進本部会開催(平成30年10月5日)
          SDGs未来都市の推進に向け、「白山市SDGs推進本部会」が行われました。
          その中で、委嘱した8名のアドバイザリーボード委員の方から提言がありました。

           


         平成30年度 第2回白山市SDGs推進本部会開催(平成31年3月25日)
          アドバイザリーボード委員の方から、白山手取川ジオパークを軸とした
          SDGs未来都市の推進に向けた8つのアイデアが提案されました。

           



  まちづくりとSDGsの取り組み推進
 
 市では、人口減少や少子高齢化の進行による地域経済や地域社会の縮小を克服し、持続的発展
(Sustainable Development)の実現をめざし、平成27年10月に「白山市まち・ひと・しごと創生総合戦
略」を策定し、地方創生に取り組んでいます。
  また、「健康で笑顔あふれる元気都市 白山」を将来都市像とする第2次白山市総合計画が平成29年
4月にスタートし、将来にわたって誰もが安心して住み続けたいと思えるまちづくりに取り組んでいます。
 これらの取り組みは、SDGsの理念と重なるものであり、SDGsの視点に基づいて各施策の展開を図
っていくことが大切です。さらに、市民、NPO、企業、高等教育機関など多様な主体とのパートナーシッ
プの推進により、SDGsの取り組みが、白山から日本海の豊かな自然を有する市全域に広がるよう取
り組みを進めていきます。

 
      第2次白山市総合計画の施策体系とSDGs(17の目標) (PDF171KB)
  





                         白山市の取り組みについて

    平成30年度 第1回石川中央都市圏連絡調整会議(平成30年5月25日)

 
      白山市SDGsの推進について、調整会議内で報告した。



    白山市SDGs推進デー(平成31年3月24日)
          
      
 

第1部

日本を代表する生物多様性、企業経営、SDGsの専門家らによるシンポジウムや、実践事例についての紹介がありました。

 

第2部

金沢工業大学SDGs推進センター長の平本先生の講演とジオパークの要素を取り入れたオリジナルSDGsカードゲームを体験し、SDGsの理解を深めました。


    
    


 
   
    日本の取り組みについて
   
         
SDGs(持続可能な開発目標) 持続可能な開発のための2030アジェンダ (外務省リンク)
   
    
        
        
                                                         白山市総合計画に移動します
このページは役に立ちましたか。