本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の教育・文化・スポーツの中の文化財から東大寺領横江荘遺跡荘家跡(とうだいじりょうよこえのしょういせきしょうかあと) - 白山市

東大寺領横江荘遺跡荘家跡(とうだいじりょうよこえのしょういせきしょうかあと) - 白山市

お問い合わせ
部署名: 文化財保護課電話番号: 076-274-9579FAX番号: 076-274-1665E-mail: bunkazai@city.hakusan.lg.jp
東大寺領横江荘写真横江荘(よこえのしょう)は、奈良〜平安時代初めに全国的に広がった初期荘園(しょきしょうえん)と呼ばれるもののひとつです。
東大寺の所領(しょりょう)であった横江荘は、正倉院に伝わる古文書によってその名が知られてはいましたが、正確な位置については不明とされてきました。
しかし昭和45年、横江町に鉄工団地を造成する際、遺跡が発見され、発掘調査が行われた結果、何棟もの建物跡と大量の土器が出土し、これこそ横江荘の中心、荘家跡であると判明したのでした。荘家跡が完全に発見された事例はこれまで皆無とされ、横江荘がまさにその第1号であったため、非常に貴重であるとの理由で、昭和47年・国の史跡に指定されました。
現在、指定された場所は史跡公園として整備され、発見された建物跡などの位置が表示されています。皆さんも一度横江荘へ足を運んで、古代史の謎とロマンに浸ってみてはいかがでしょうか。

●住所 白山市横江町1726-21(地図)

  【問い合わせ】
 教育委員会文化財保護
 TEL 076-274-9579
このページは役に立ちましたか。