本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の教育・文化・スポーツの中の学校教育から蕪城小学校の概要

蕪城小学校の概要

お問い合わせ
部署名: 学校教育課電話番号: 076-274-9571FAX番号: 076-274-1665E-mail: gakkou@city.hakusan.lg.jp

白山市立蕪城小学校(平成18年4月新築移転)

所在地 白山市北安田町355(H18.4.1より)


蕪城小学校の沿革
 昭和37年4月:蕪城小学校創設(柏野、一木、出城、御手洗の4小学校を統合)
  昭和38年12月:校舎竣工、翌年1月より入校


新築移転までの主な経過 
平成12年建築後40年を経過し、老朽化が激しい校舎の改築と、区画整理による児童数の増加に伴う通学区域の見直しについて、本格的に検討を開始
平成14年8月蕪城小学校建設基本構想検討委員会設置
新しい時代にふさわしいモデル校となるよう機能面、環境面について意見を求める
平成16年7月起工式
平成18年4月竣工式、開校式、始業式


新校舎の特徴  
 子どもたちの「学習の場」となる学校は、同時に一日の大半を過ごす「生活の場」となります。多様な学習環境の変化とともに、日々生活環境も変化してゆく現代において、子どもたちの居場所づくりをテーマとした施設づくりを行っています。

○内外部に自然素材を多用した、落ち着きのある空間づくり
○多様な空間配置による、子どもたちのコミュニティーの促進と、自由な発想や表現を創造できる環境づくり
○自然を積極的に取り入れた、心のゆとりや生きる力を養う環境づくり
○先生たちの居場所づくりと、防犯設備の充実による安全な環境づくり
○地域と学校の連携による、地域のランドマークとしての学校
○インテリジェントスクール、エコスクールとしての学校

地域開放について
 学校と地域が一体となって児童を見守る上で、学校を地域に開くことが大切となります。そのため、地域開放用の玄関やホールを設け、地域の方々に自分たちの施設として利用いただけるよう、配慮しています。

バリアフリーについて
 新校舎では、石川県バリアフリー条例、ハートビル法に則した施設づくりを行っており、高齢者、障害者、障害児が安全に利用できるよう配慮されています。

仕上げについて
○外壁レンガ積み
 外装仕上は、強度が高く、長期間性能を保つことができる、国産のレンガ積みです。コンクリート躯体とレンガの間に空間をつくる中空積みと、コンクリートの外側表面に断熱層を設ける外断熱を採用しています。
○木質系の内装
 本校舎で使用されている内部板張りや柱材は、全て白山麓産の杉材を使用しています。建具や枠材などは長く使われるように、強度の高いタモの積層材を使用。2階オープンスペースの屋根構造材やランチルームの天井化粧梁は、強度が高いベイマツ集成材を使用しています。
○地元産材の活用
 地元産業の活性化と地域に密着した施設づくりとして、白山市産、石川県産の材料を各所に使用しています。

環境に関する特徴
○リサイクル製品の活用
 外構舗装に瓦、アスファルト廃材利用舗装材を使用するほか、グラウンド防球ネットにペットボトル再生材を使用するなど、リサイクル製品を活用しています。
○自然エネルギーの有効利用
 風力、太陽光発電システム、雨水再利用システムなどの採用


建設概要
全体概要 
所在地白山市北安田町355番地
敷地面積27,939平方メートル
建物概要 
構造鉄筋コンクリート造、一部木造及び鉄骨造
階数2階建て、一部塔屋
建築面積6,318平方メートル
延床面積9,766平方メートル
このページは役に立ちましたか。