本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消からおもてなし料理 (石川県白山市)

おもてなし料理 (石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク

 
 
 
 いつの時代も「おもてなしの心」を忘れたくない

 

 

「もてなし」には相手が満足することで、

もてなす側も喜びを感じるという関係があり、

こうした相互関係は、豊かな人間関係を築きます。
 

  平成22年12月6日(月曜日)に白山市食生活改善推進協議会松任支部の研修会が行われ、旬な
  食材使用しての「おもてなし料理教室」が開催されました。

  おもてなし献立を考える際のポイントは、はじめに、メイン料理を決め、肉・魚・野菜をバランスよく
  とるとよいです。
  例えば、メインを肉料理にしたら、前菜で魚のカルパッチョ、さっぱりとした野菜サラダなど、全体の
  素材、味のバランスを考えます。




 レインボーロール ロール白菜 かぶとサーモンのマリネ
 きのこのブルスケッタ フルーツぜんざい
 
 ●研修会の様子

                           
 

 
 
レインボーロール
 
  
材料(3人分) 1人=1/2本 
ごはん
【すし酢】

砂糖

【すし飯1本分 200g】
スモークサーモン
アボガド(薄切り)
黄色ピーマン(薄切り)
白かまぼこ(薄切り)
【すし飯約110〜120g使用】
きゅうり

焼き海苔
【すし飯約80〜90g使用】
しょうゆ、練りわさび
600g(2合)

大さじ3
大さじ1
小さじ1/

12枚(1本4枚)
12枚(1本4枚)
12枚(1本4枚)
12枚(1本4枚)

/4本
少々
1と1/2枚

適宜
 
作り方
【1】 ごはんはすし酢を作り、混ぜておく。スモークサーモンは半分の長さに切る。
   アボガドは種と皮をのぞき、薄切りにする。
   黄色ピーマンは半分に切り、種をとり、薄切りにする。  
   かまぼこは薄切りにする。
   きゅうりはたて半分に切り、さらに半分に切る。(1/4に切る)のりはたて半分に切る。
【2】 のりを巻きすにのせ、すし飯を約80g(ご飯量半分より少なめ)のせ、きゅうりを芯にし、細巻き
   を作る。
【3】 巻きすに新たにラップをしき、残りのごはんを【2】の長さにあわせて均一にのばす。
【4】 【2】の細巻きを芯にして、さらに巻く。
【5】 用意した【1】の具を少しずつ重なるように、(黄色ピーマン以外は半分重ねる)アボガド・かまぼ 
   こ・黄色ピーマン・サーモンの順に手綱のように斜めにのせる。
【6】 ラップを上からかぶせて両端等をしっかりかたちを整え、ぬれぶきんで包丁をふきながらラップ
   の上から、切り分ける。最後にラップをはずす。
【7】 わさびじょうゆをつけて、食べる。
【ひとくちポイント】
●上にのせる食材はなるべく薄く切ったほうが、すしに、なじみ、寿司から落ちにくい。
●両端のごはんはしっかり整える。
●上にのせる具はまぐろ薄切り(刺身用)、いか薄切り(刺身用)などをのせてもよい。


 
 
ロール白菜  
 

 

 
  
材料(2人分) 
白菜

【中の具】
合いびき肉
玉ねぎ
人参
椎茸

こしょう
ナツメグ
溶き卵
氷水(または冷水)

【トマトソース】
トマト缶
にんにく
玉ねぎ
パセリ
オレガノ(乾燥)
サラダ油
ブイヨン 
バター
塩・こしょう
片栗粉
6枚

【中の具】
400g
1個
50g
3枚
小さじ1/
少々
少々
/2〜1個
70cc

【トマトソース】
1缶(400g)
2片
/4個
2本
少々
100cc
150cc 
大さじ1
少々
適宜
 
作り方
【1】 玉ねぎ、人参、椎茸、にんにく、パセリはみじん切りにする。白菜は1枚ずつはがし、芯の部分
   を切り取る。
【2】 鍋またはフライパンにお湯を沸かし、白菜を入れ、ふたをし、固めにゆでる。
   ザルにあげる。
【3】 キッチンペーパー等で水分をしっかり取り除きます。

【中の具】
【4】 フライパンに油をひき、玉ねぎ、人参、椎茸を炒めて塩をふり、しんなりさせます。
   器に取り出し、冷ましておく。
【5】 ボウルにひき肉を入れ、塩を加え練り、氷水または、冷水を少しずつ加えて、練る。
   こしょう、ナツメグ、炒めた野菜、溶き卵を順に加え、合わせる。
【6】 ラップをし、冷蔵庫でひやす。(冷やしている間にソースを作る)

【トマトソース】
【7】 トマト缶(1缶)を器に出し、細かくつぶします。
【8】 鍋にサラダ油を入れ、熱し、にんにく、玉ねぎをよく炒めます。
【9】 【8】がきつね色になったら、パセリ(茎)とトマト缶を入れオレガノを加え、とろみがつく程度ま
   で、中火〜弱火で煮ます。

【包む・仕上げ】
【10】 白菜に片栗粉をふり、具材をのせ、まんべんなくのばし、途中で右側を折り込んで巻き、
   最後に左側を折り込んで形を整えます。
【11】 鍋にトマトソースを少しひき、巻き口を下にして、並べます。
【12】 トマトソース・ブイヨンを加えフタを少しあけ、中火〜弱火で20分煮ます。
【13】 ロール白菜を皿に取り出し、残ったソースを煮詰めて、塩・こしょうで味を整えます。
【14】 火をとめ、バターを加える。ソースをロール白菜にかけ、パセリ(葉)を散らす。
【ひとくちポイント】
●食する際は1個丸のまま提供すると白菜がかみきれず、食べにくいので、切って出すと丁寧で
 食べやすいです。


 
 
かぶとサーモンのマリネ  
 
  
材料(2人分) 
かぶ
スモークサーモン
フレンチドレッシング

■または
 サラダ油
 酢
 砂糖
 塩・こしょう

レモン薄切り
レモン汁
3個〜4個
1パック(約10枚入り)
大さじ3


大さじ3
大さじ2
大さじ1
少々

/2個
/2個分(大さじ1)
 
作り方
【1】 かぶは、皮をむき、縦半分に切り、7〜8mmの半月切りにする。
   耐熱皿に並べて(できるだけ同じ高さになるように置く)ラップをし、600wで約1分レンジにかけ
   る。またはさっとゆでる。サーモンは半分の長さに切る。レモンは1/4の薄切りにする。
【2】 かぶにドレッシングをまわしかけ、ラップをして冷蔵庫で冷やす。
【3】 皿に冷やした【2】かぶ、レモン、スモークサーモンの順に重ね、並べ、最後にレモン汁をしぼ 
   る。


 
 
きのこのブルスケッタ
 
  
材料(15〜2お個分) 
エリンギ
えのき茸
椎茸
にんにく
玉ねぎ
パセリ
トマト
フランスパン
白ワイン
レモン汁
砂糖
塩・こしょう
オリーブ油
2本
1パック
5個
1かけ
/4個
1枝
1個
1本
大さじ3
小さじ2
小さじ1
少々
大さじ2
 
作り方
【1】 にんにくはみじん切り、玉ねぎは小さめのざく切り、パセリはみじん切り、えのき茸は下の方をと
   り、4等分に切る。
   エリンギは3等分し薄切り、椎茸は石づきをとり、薄切りにする。
   トマトはざく切りにする。
【2】 鍋に多目のオリーブ油を入れてにんにくを入れ、炒める。
   色づいてきたら、玉ねぎと砂糖を加えさらに炒める。
【3】 きのこ類を【2】に加え、香ばしく炒める。白ワインを加え、強火でなじませたらパセリ(茎)と塩・
   こしょうを加える。
   火を止めてレモン汁を加える。粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
【4】 フランスパンを好みの厚さ(1〜1.5cm)に切りトースターまたはオーブンで焼く。
    (200℃ 4〜5分)
   【3】のよく冷えたキノコのソテーをのせ、トマトとパセリ(葉)を添える。


 
 
フルーツぜんざい
 
  
材料(6人分) 
小倉あん
いちご
パイン(缶)
キウイ
バナナ
みかん(缶)
粉寒天
砂糖
360g
6粒
3枚
1個
1本
18粒
4g
大さじ1
1/2カップ
 
作り方
【1】 いちごはヘタをのぞき、たて半分に切る。パイン8等分に切る。
   キウイは皮をむき、輪切りにして4等分に切る。
   バナナは乱切りにし、みかんは汁気をきっておく。
【2】 皿の中央に小倉あんの1/6量をこんもりと盛り付け、【1】をその周囲に盛り付ける。
   これを、6人分作る。
【3】 水1/2カップ、粉寒天、砂糖をあわせて火にかけ、寒天を煮溶かす。
【4】 果物にハケでぬるかまたは、スプーンで液をかけ、つやよく仕上げる。
【ひとくちポイント】
●寒天液やスープでかける場合は、水を増やして下さい。



  研修会の様子
 
 
 
 
講師の地産地消課の職員に
アドバイスを受けながら‥
 
参加者の皆さんの熱気に
包まれていました。
 
そして、「いただきます」

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。