本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から食生活改善推進員が地域の大豆で食育活動!

食生活改善推進員が地域の大豆で食育活動!

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

山島こども園で豆腐作り
  
令和2年2月4日、白山市松任ブロック山島地区の食生活改善推進員2名が山島こども園を訪れ、園児たちに向けて豆腐作りの実演を行いました。
 
 
 
 
平成19年度から続いている食生活推進員の南幸子さん・喜田明子さんによる豆腐作りは、地域で生産されている大豆を使用して節分の時期に実施しています。山島こども園では、0歳児から年長児まで工程を見学しました。年長児が前日に水に漬けておいた大豆をミキサーにかけてなめらかにしていきます。これを「生呉(なまご)」といいます。
     
 
生呉をこし布に入れて絞ると「豆乳」の出来上がりです。搾りかすは「おから」となります。
 
 
豆乳をゆっくり温め、「にがり」を入れていきます。ゆっくり加熱して固まったら寄せ豆腐の完成です!園児たちは鍋のそばで見学し、「大豆のにおいがする!」「お豆腐ってこうやってできるんだね!」と口々に感想を言っていました。
 
 
完成したものは給食に使用してみんなでいただきます!豆腐は味噌汁、おからはふりかけになりました。調理員さんが心を込めて作ってくれた給食はとてもおいしそうです。

 
おじゃまさせていただいた山島こども園のみなさまありがとうございました。
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
 

 

 
 
このページは役に立ちましたか。