本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から剣崎なんば保存愛好会総会、栽培講習会が行われました

剣崎なんば保存愛好会総会、栽培講習会が行われました

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク





                         

 


 剣崎なんば保存愛好会の総会と、講師を招いての栽培講習会が6月8日(金)に行われました。
平成21年に「剣崎なんばの品質を守りながら生産地を広げ、後世に残す。」ことを目的に剣崎なんば保存愛好会が設立されました。
 昨年度には翠星高校の生徒たちも剣崎なんばの栽培に取り組み、自ら育てた剣崎なんばと地元の野菜などを使用したキムチを商品化しました。

 

 

総会の様子
 
昨年度は
翠星高校の生徒が講師となり、
キムチの素「ヤンニョム」づくりの講習会が開催されたり、
剣崎なんばが使われた一品が地元のKARA旨グランプリのグランプリに輝き、さらに全国のKARA-1グランプリで7位となる健闘を見せました。

そのほかにも、テレビや新聞などのマスコミへの
掲載も多数行なっており、剣崎なんばを身近に感じる人も
少なくないのではないでしょうか。

また、翠星高校の生徒が試行錯誤したキムチや
白山商工会議所青年部が開発した剣崎なんばかりんとうなど
剣崎なんばの使われている新商品は
道の駅「めぐみ白山」でも人気です。
 

石川農林総合事務所の清水技師により
栽培の要点や、病害防除について講習が行われました。
初めて剣崎なんばの栽培に取り組むという方も見え、
活発に質問が出ていました。
 

思いのほか栽培が難しく、手間暇のかかる剣崎なんば

苗の育ち方を見て、清水技師からアドバイスもありました。

 

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。