本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第4話「白山のお米」

白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第4話「白山のお米」

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 


 
白山を食べる〜それぞれのストーリー〜             第4話「白山のお米」
 




日本人の主食は、やっぱり 『お米』 !
 お米はイネという熱帯生まれの植物の実です。今では、その土地の気候や生産条件に合わせた品種改良が重ねられ、気温や病気などに強い、いろいろな品種が栽培されています。





白山市で生産されるお米  

 白山市は県下最大のお米の産地です。白山からの豊富な水、肥沃な大地や寒暖差のある気候が、コシヒカリをはじめゆめみずほやハナエチゼンなど、おいしいお米を育んでいます。

 特にJA松任管内では、籾殻牛糞堆肥を施用し、特別栽培米コシヒカリ「千代の里」の生産に取り組んでいます。生産する田んぼを特定し、化学肥料は一切使わないことで、高品質でおいしいお米に仕上がっています。  

 JA白山管内でも、特別栽培米コシヒカリ「比�� (ひめ)の米」の生産に取り組んでいます。田植え期を5月15日以降にし、農薬・化学肥料を通常の半分以下に抑え、安全・安心な高品質のお米に仕上がっています。

 これらの銘柄は、「白山市農林水産物ブランド」の認定を受けており、タンパク質含有率が多く、炊き上がりは、「ねばりも多く」、「ふっくらと、ごはん本来の甘み」を感じることができます。

■収穫の時期
 
 9月上旬〜下旬

■栄養

 糖質以外の栄養素も豊富で、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれています。逆に脂肪は少なく、どんなおかずにもよく合います。

 また、ごはんを中心に、主菜や複数の副菜をおかずに食べることで、その日の栄養素をバランスよく摂取できます。


 

JA松任 稲作経営部会長 得田恵裕 さん
生産部会長さんにお聞きしました

 23年度は、春先の低温の影響を心配しましたが、梅雨明け後は、晴れの日が続き、順調に生育しました。
 
 おいしい米づくりを知り尽くした私たちの熱意と、徹底した栽培管理で、品質・食味とも自信を持ってお届けします。ぜひご賞味ください。


 
 
▲上へ戻る

  
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。