本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第5話「白山丸いも」

白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第5話「白山丸いも」

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 


 
白山を食べる〜それぞれのストーリー〜             第5話「白山丸いも」
 




手取川扇状地の優れた土壌が生んだ「白山丸いも」
 「白山丸いも」は、美容や体力・精力増進などの栄養食品として珍重され、中国から伝来した山芋の改良種で、白山市農林水産物ブランドに認定されています。3月に種芋を植え、11月中旬〜12月にかけて収穫されます。




 丸いもは1つの種芋から1つしか実らず、また気象の変化の影響を受けやすく栽培が難しい作物で、度重なる手取川の
氾濫がもたらした土と砂が混ざった水はけの良い土壌が、「白山丸いも」を生んだとも言われています。

 粘りが強く、良質のでんぷんを含んでおり消化が良いの
が特徴で、日本料理をはじめ、和菓子や水産加工品などに広く使われています。

 また、とろろにしてご飯やお吸い物、そばに添えたり、お好み焼きに入れることにより上品な風味を味わうことができます。  

 
白山丸いも

■主な産地  鶴来、鳥越地域

■栄養

 アミラーゼ、消化酵素、たんぱく質が多く含まれ、滋養強壮、食欲増進、 胃炎鎮静、疲労回復に効果があります。

■保存方法  冷蔵庫(摂氏5℃)で貯蔵



 

JA白山 丸いも部会長 西田 弘 さん
生産部会長さんにお聞きしました

 平成23年は例年並の12.5トンの生産を見込んでいます。夏の猛暑で、特に水の管理に苦労しましたが、生産状況の確認を行い、日々栽培技術の向上に努め生産しています。

白山の恵まれた環境で「安全・安心」と「地産地消」をモットーに生産した地元『白山丸いも』をぜひご賞味ください。


 
 
▲上へ戻る

  
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。