本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から初夏の味覚『美川しらす』の水揚げが始まりました(石川県白山市)

初夏の味覚『美川しらす』の水揚げが始まりました(石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 



 
 
初夏の味覚


「美川しらす」



水揚げが
始まりました!!

 
今年も美川漁港「美川しらす」の季節が始まりました。
5月15日、この日は水揚げされたしらすの
釜揚げと天日干しの作業を見学させていただきました。

しらすはカタクチイワシなどの稚魚です。
今年最初の水揚げは5月14日で、シーズンが始まったばかりのこの日は
身の引き締まった小ぶりなシラスが多かったです。
これが成長して、うろこがつき始めるまでの
およそ1か月間、6月中頃までがしらすのシーズンとなります。
 

 
 

 
◆釜ゆで、天日干し作業の様子です◆
石川県漁協美川支所の組合員の皆さんが水揚げ直後の新鮮なしらすを
漁港内で素早く釜ゆで、天日干しします。
 
この日は朝5時ころから出漁し、8時ころに一度帰港して90kgほどのしらすを一度水揚げし、船はすぐに再度漁にでていきました。
透明に輝くしらすは、鮮度を保つためにたくさんの氷と一緒にかごに入れられ、漁港内の作業場にすぐに運び込まれます。

 
 
 
 
 
水揚げされたばかりの生しらすを素早く計量し、八角形の木枠「せいろ」に広げます。
せいろをかごにセットし、大きな釜でゆでます。その日揚がったしらすの大きさによってゆで時間を調整します。作業場の中いっぱいに「おいしい」
香りの湯気が立ち込めます!
 

 
ゆであがったしらすのおいしい香りの湯気が立ち込めます。ゆであがったばかりのしらすはきれいな白色をしています。
 

ゆであがったしらすを丁寧に広げ、天日干しにします。

釜揚げしらすや干したしらすを求めて、多くのお客さんが、船が港に入る前から待っていました。

◆生しらす丼をいただけます◆

美川漁港の近くにある白山市地産地消推奨店の「鮨 美浜」では、美川しらすが採れる季節限定で「生しらす丼」をいただくことができます。

 

    白山市のしらす漁は、平成20年から試験操業、平成23年より本操業を開始しました。
      手取川のミネラル豊富な水は稚魚の成育に適した絶好の漁場をつくっています。 
       初夏の白山・美川の味、『美川しらす』は美川漁港前の直売所で入手できます。
 

 
【『美川しらす』に関するお問い合わせ】

 石川県漁業協同組合 美川支所 (電話 076−278−2144)
 

 

 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

                                         
このページは役に立ちましたか。