本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から翠星高等学校の生徒が梨の摘果作業を体験しました。

翠星高等学校の生徒が梨の摘果作業を体験しました。

お問い合わせ
部署名: 地産地消課電話番号: 076-274-9522FAX番号: 076-274-4177E-mail: chisanchisyou@city.hakusan.lg.jp
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 


道の駅「めぐみ白山」に並ぶピクルス
昨年度に、翠星高校と白山市が連携して行なった、
市内産の農林水産物を使用した発酵食品の開発により完成した
摘果梨のピクルス

4月に開業した道の駅「めぐみ白山」で販売していますが、
ご好評いただき、商品を店頭に並べるとすぐに売り切れ、
現在は手に入らない状態となっていました。

この日は、平成30年度分のピクルスに使用するために
梨農家の南 和樹さんの畑で翠星高校の生徒11人が
梨の摘果作業をさせていただきました。

 
【摘果梨】とは
 梨の実がつく芽の部分には、一ヵ所から5-7つの花芽が出ます。そのままにしておけば、たくさんの実ができることになりますが、それでは私たちがいつも食べている大きくておいしい梨にはなりません。より良質な梨を作るために、果実が小さいうちに「摘果」つまり間引きの作業を行います。
 このときに「摘果」された実は通常はそのまま廃棄してしまいますが、これを収穫して塩漬けにし、ピクルスにしたのが翠星高校の「摘果梨のピクルス」です。
今年初めて参加する1年生の生徒も多く、丁寧に梨の特徴や摘果の仕方を教えていただきました。

摘果の様子をどうぞ
 
昨年度の経験を踏まえ、梨特有のつぶつぶが比較的少なくつるっとした秋麗を中心に
南さんのご厚意で3種類の梨(秋麗、20世紀、マルゲリット・マリーラ)を
摘果させていただきました。
最初はどれを切っていいのか、ドキドキしながら作業していました。「どっちが大きいかな?」と残す実を相談しながら楽しく作業させていただきました。
広い畑には20種類以上の品種の梨が
あるということです。
美人な
「秋麗」
洋ナシ
「マルゲリット・マリーラ」

 
 
1時間ほどの作業でこんなにたくさん採れました!

これから、生徒たちが一つずつ手作業で加工していきます。
店頭に並ぶのをお楽しみにお待ちください‼

 
            
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 


   

このページは役に立ちましたか。