本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の生活・環境・安全の中の地球温暖化対策から家庭でできる節電方法(夏)

家庭でできる節電方法(夏)

お問い合わせ
部署名: 環境課電話番号: 076-274-9538FAX番号: 076-274-9535E-mail: kankyou@city.hakusan.lg.jp

環境省が推奨する「家庭でできる節電方法」をお知らせしますので、皆様の節電へのご理解とご協力をお願いいたします。

節電にご協力下さい!
夏の家庭における具体的節電対策(省エネルギーセンターHPより)
節電にご協力ください!

 家電製品別の消費電力量

 夏場の日中、家庭の中で電気消費量が多いのはエアコン・冷蔵庫・照明・テレビでこの4つで全体の85%(※資源エネルギー庁集計)を占めています。これらの電化製品を効率的に利用することで、無理せず効果的に節電することが出来ます。
 
 家庭でできる節電のポイント!
※[ ]内の数字は、節電できる年間エネルギー量と電気料金の一例です。
  出典:経済産業省 資源エネルギー庁
     『家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬』 (こちらからダウンロードできます。)

 (1) エアコン−室温は28℃に、 つける時間は短めにしましょう

・室温を28℃を目安にする
外気温度31℃の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合
(使用時間9時間/日)[30.24kWh 約820円]
・必要な時だけつける
冷房を1日1時間短縮した場合(設定温度28℃) [18.78kWh 約510円]
・フィルターを月に1〜2回清掃
フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較
 [31.95kWh 約860円]

【Point!】
・ドア・窓の開閉は少なく
・カーテンで日射しをカット
・扇風機を併用
・室外機のまわりに物を置かない

エアコンの設定温度は28度に!

 (2) 照明器具−省エネ型に替え、点灯時間を短くしましょう

・電球形蛍光ランプに取り替える
54Wの白熱電球から12Wの電球形蛍光ランプに交換した場合 
[84.00kWh 約2,270円]
・電球形LEDランプに取り替える
54Wの白熱電球から12Wの電球形蛍光ランプに交換した場合 
[90.00kWh 約2,430円]

・点灯時間を短くする
54Wの白熱電球1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合 [19.71kWh 約530円]
12Wの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合 [4.38kWh 約120円]
9Wの電球形LEDランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合 
[3.29kWh 約90円]

【Point!】
・器具の掃除

こまめに電源を切りましょう

 (3) 冷蔵庫−詰め込まず、開閉を減らしましょう

・ものを詰め込みすぎない
詰め込んだ場合と、半分にした場合の比較 [43.84kWh 約1,180円]
・無駄な開閉はしない
JIS開閉試験の開閉を行った場合と、2倍の回数を行った場合の比較 
[10.40kWh 約280円]
・開けている時間を短くする
開けている時間が20秒間の場合と10秒間の場合との比較 [6.10kWh 約160円]
・設定温度は適切にする
周囲温度22℃で、設定温度を強から中にした場合 [61.72kWh 約1,670円]
・壁から適切な間隔で設置する
上と両側が壁に接している場合と片側が壁に接している場合との比較 
[45.08kWh 約1,220円]

【Point!】
・熱いものは冷まして保存

詰め込みすぎには注意しましょう

 (4) テレビ−つけっぱなしに注意しましょう

・見ないときは消す
1日1時間テレビを見る時間を減らした場合
[32v型液晶テレビ:16.79kWh 約450円]  
・画面は明るすぎないようにする
テレビ(32v型液晶)の画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合 
[27.10kWh 約730円]

【Point!】
・消す時は主電源を切る
・画面を掃除

テレビを見ないときは電源を切ろう

 (5) パソコン−使う時だけ電源をつけましょう

・使わないときは電源を切る
1日1時間利用時間を短縮した場合
[デスクトップ型:31.57kWh 約850円] [ノートブック型:5.48kWh 約150円]
・電源オプションの見直しをする
電源オプションを「モニタの電源を切る」から「システムスタンバイ」にした場合
(3.25時間/週・52週)
[デスクトップ型:12.57kWh 約340円] [ノートブック型:1.50kWh 約 40円]

【Point!】
・消す時は主電源を切る
・画面を掃除
・省エネタイプを購入

電源オプションを見直そう

 (6) 電気ポット−つけっぱなしは大敵です

・長時間使用しないときはプラグを抜く
ポットに満タンの水2.2Lをいれ沸騰させ、1.2Lを使用後、6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合の比較 
[107.45kWh 約2,900円]

【Point!】
・保温は低めの温度に設定
・省エネタイプを購入

待機電力も減らしましょう

 (7)温水洗浄便座−ふたを閉めこまめに温度調節しましょう

・使わないときはふたを閉める
ふたを閉めた場合と、開けっぱなしの場合との比較(貯湯式) [34.90kWh 約940円]
・便座暖房の温度は低めにする
便座の設定温度を1段階下げた(中→弱)場合(貯湯式)・夏場は切 [26.40kWh 約710円]
・洗浄水の温度は低めにする
洗浄水の温度設定を年間1段階下げた(中→弱)場合(貯湯式) [13.80kWh 約370円]

 (8)掃除機−部屋の整理整頓とゴミパック交換がポイント

・部屋を片付けてから掃除機をかける
利用時間を1日1分間短縮した場合 [5.45kWh 約150円]
・集塵パックを適宜取り替える
パックいっぱいにゴミが詰まった状態と未使用のパックの比較 [1.55kWh 約40円]

 (9)洗濯機−まとめて回数を少なく!

・洗濯物はまとめ洗いをする
少量の洗濯物を毎日洗うよりも、洗濯機の容量に合わせて洗濯回数を少なくする。
定格容量(洗濯脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れて洗う場合との比較 [5.88kWh 約160円]

【Point!】
・お風呂の残り湯を利用
・洗剤は適量に
・すすぎはためすすぎ

残り湯を使うのも効果的

 (10)打ち水−水を再利用して、気温を下げましょう

・暑い日には家の前に打ち水をしよう
おふろの残り水や雨水を有効活用し、打ち水をすることにより、アスファルトやコンクリートの表面温度を下げることが出来ます。しいては、体感温度も下げることが出来ます。

 みんなでシェアして低炭素社会へ!

環境省の低炭素社会実現プロジェクト「Fun to Share(ファントゥシェア)」公式サイトでも節電の方法を動画などを使って説明しています。ぜひ参考にして、電力不足を乗り切りましょう。

このページは役に立ちましたか。