本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の課別でさがすの中の市民課からマイナンバー(個人番号)通知カードの廃止について

マイナンバー(個人番号)通知カードの廃止について

お問い合わせ
部署名: 市民課電話番号: 076-274-9525FAX番号: 076-274-9559E-mail: shimin@city.hakusan.lg.jp
 

 法律の改正により、令和2年5月25日(月曜日にマイナンバーの「通知カード」が廃止されます。

 廃止日以降は、通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)が住民票と一致している場合のみ、通知カードを「マイナンバーを証明する書類」として使用することができます。

 一致していない項目がある場合は、「マイナンバーを証明する書類」として使用することができなくなりますので、ご注意ください。

 なお、通知カードに関する各種手続き(再交付申請や氏名・住所等の変更)もできなくなりますので、手続きの必要のある方は、令和2年5月22日(金曜日)までに申請してください。

※現在割り振られているマイナンバーが変更されたり、顔写真付きのマイナンバーカードが廃止になるわけではありません。


通知カード廃止後の取り扱いについて

 
【通知カードの住所や氏名などの記載事項変更の手続きについて】
 通知カードの記載事項を変更したい場合、令和2年5月22日(金曜日)まで、市民課、各支所、各市民サービスセンターで記載事項変更の申請ができます。それ以降は申請があっても、記載事項を変更することができませんので、ご注意ください。

 通知カードを「マイナンバーを証明する書類」として使用するためには、通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)が住民票と一致している必要があります。一致していない項目がある場合は、「マイナンバーを証明する書類」として使用できなくなりますので、ご注意ください。

【市役所返還分の通知カードについて】
 郵便局での保管切れや、宛処なしのため市役所へ返還された通知カードは、国の通知などに基づいて順次破棄します。                  
 

このページは役に立ちましたか。